12.13.2014

サルミアッキ食べ比べ

Minusta suomalaiset tykkäävät tumman värista ruoasta, esimerkiksi ruisleipä, suklaa, mämmi, lakritsi ja SALMIAKKI. (Japanissa sanotaan salmiakki on pahin karkki maailmassa.)
Salmiakki on tosi tarkea asiaa kun ajattelemme suomalaisesta muotoilusta. Koska se on erikoisen karkki suomalaisille ja ei ole Japanissa.
Perinteinen salmiakki on musta ja neljäkäs, joten salmiakin pakkaus-suunnittelullakin joskus käytetään näitä elementtejä.
Ensin meidän pitää miettia että "MIKÄ ON SALMIAKKI?" Esimerkiksi, milloin / missä syödään salmiakkia? Emme tiedä yhtään niitä. Joten nyt olen tarkistanut sitä.

Ja haastettiin syömään monia erilaisia salmiakeja yliopistossa.
Kaverit ei ole koskaan syönyt salmiakkia, joten kun he söivät sitä tuli yllätystä.


フィンランド人の好きな物は何か?と考えたとき、なぜか思い浮かぶのは色の濃い物ばかり。
ライ麦パン、チョコレート、マンミ(イースター時期に食べられるデザート)、リコリス、そしてサルミアッキなどがその例です。
その中でも、やはり彼らにとって特別な食べ物であるサルミアッキは、フィンランドの文化やデザインを考える上でとても重要な物だと思います。

しかし、これらのパッケージデザインについて考える前に、まず「サルミアッキとは一体なんなのか?」という素朴な疑問が浮かび上がってきました。いつ食べるのか?どこで食べるのか?フィンランド人は本当にサルミアッキが好きなのか?(←これについては現在アンケートをもとに調査中)

考えれば考えるほど謎なお菓子、サルミアッキ…
もちろんメーカーやブランドによって味が違うので、一応どの味も知っている必要があるのです。。

なので、フィンランドから買ってきたサルミアッキ食べ比べするために大学へ持って行きました。存在自体を知らない人もいたので反応がかなりおもしろかったです。笑

写真にある4つに加えて、AakkosetとTyrkinpippuriを食べましたが、Tyrkinpippuriはかなり刺激的な味でした。逆にパンサーがトレードマークのPantteriは食べやすいかなぁと思います。

初めて口にした時は衝撃的でしたが、だんだんとこの味に慣れてきた自分。(決して好きな訳ではないです。笑)サルミアッキの味が…というより見た目から想像できないものを口にする衝撃の方が強いのかもしれません。